• トップページ top
  • 「労働安全衛生法の一部を改正する法律案要綱」について、労働政策審議会から答申が行われました

新着情報

2014/02/05

「労働安全衛生法の一部を改正する法律案要綱」について、労働政策審議会から答申が行われました


厚生労働大臣が、平成
26年1月23日に、労働政策審議会(会長 樋口 美雄 慶應義塾大学商学部教授)に諮問した「労働安全衛生法の一部を改正する法律案要綱」について、同審議会安全衛生分科会(分科会長 土橋 律 東京大学大学院工学系研究科教授)で審議が行われた結果、平成26年2月4日、おおむね妥当と認めるとの答申が行われました。

厚生労働省では、この答申を踏まえて法律案を作成し、今期通常国会への提出の準備を進め、厚生労働省令および指針の検討に入るとしています。



(参考)これまでの経緯
労働政策審議会安全衛生分科会では、今後の労働安全衛生対策について、平成25年6月から同年12月まで、9回にわたり検討を行いました。同審議会は、これを受け、同月24日に建議「今後の労働安全衛生対策について」を取りまとめました。平成26年1月23日に諮問した法律案要綱は、この建議を踏まえたものです。


(備考)
同分科会の資料や議事録は、厚生労働省ホームページに掲載さてれいます。   http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000008f5z.html#shingi126972 



このページの先頭へ