職場のメンタルヘルス対策を支援するフィスメック

03-3255-3698 / 平日9:00〜17:15

事業場における心の健康づくりの
実施状況無料チェックサービス

心の健康づくり実施状況チェック


【A1:心の健康づくりの方針表明】
労働省(現厚生労働省)の指針では、事業者はまず心の健康づくりへのその取り組み姿勢を表明し、安全衛生委員会等を通じて労働安全衛生計画の一環としてメンタルヘルスケアを計画すべきであるとされています。まずこうした取り組みについてうかがいます。
Q1
事業場における心の健康づくり(メンタルヘルス)の方針表明
Q2
心の健康づくりの重要性の認識

【A2:心の健康づくりの組織】
Q3
心の健康づくりへの事業場全員での取り組み
Q4
管理監督者、従業員、産業保健スタッフ等の役割の明確化
Q5
事業場外資源の活用準備

【A3:心の健康づくり計画】
Q6
健康づくりの目標と計画の設定
Q7
衛生委員会(安全衛生委員会)等における心の健康づくり計画に関する検討
Q8
産業医あるいは産業保健スタッフの心の健康づくり計画への関与

【B1:メンタルヘルスの相談先】
ストレスあるいは心の健康問題のために治療や専門的なケアが必要になった者を発見し、専門機関に受診させることも重要です。ここでは、事業場における心の健康(メンタルヘルス)の相談体制についてうかがいます。なお、「心の健康問題」という時には、精神障害だけでなく、精神的な問題や不適応等を広く含むと考えてください。
Q9
事業場におけるメンタルヘルス相談の体制を決める
Q10
メンタルヘルス相談を利用するための教育・研修
Q11
管理監督者による相談対応
Q12
メンタルヘルス相談におけるプライバシー保護の方針
Q13
人事・労務担当者や産業保健スタッフが相談できる専門家の確保

【B2:心の健康問題を持つ従業員の復職や職場適応の支援】
ストレス事例や精神障害の職場復帰時にはいわゆる「復職判定」を行い、再発予防のためにどのような配慮が職場でできるかを十分に検討することが重要であるとされています。
Q14
復職判定(心の健康問題で休養中の従業員に対して復職前に復職の仕方について産業医等との相談の機会を設けること)
Q15
心の健康問題を持つ従業員への継続的支援

【C:職場環境等の改善】
心の健康づくり指針では、「労働者の心の健康には、職場環境(作業環境、作業方法、労働者の心身の疲労の回復を図るための施設及び設備等、職場生活で必要となる施設及び設備等)のみならず、労働時間、仕事の量と質、職場の人間関係、職場の組織及び人事労務管理体制、職場の文化や風土等が影響を与えるため、これらの問題点の改善を図る必要がある。」とされています。労働者の心の健康に影響を与えるこうした職場の要因に対する対策についてうかがいます。
Q16
ストレスの原因となる職場環境等についての理解
Q17
管理監督者による職場環境等の評価と改善
Q18
産業保健スタッフや人事・労務担当者による職場環境等のストレス要因の評価
Q19
産業保健スタッフや人事・労務担当者による職場環境等の改善

【D:教育・研修および情報提供】
指針は、管理監督者や従業員が、事業場の心の健康づくりにそれぞれの役割を果たせるように、教育・研修を行うことが大事であるとしています。ここでは、教育・研修の現状についてうかがいます。
Q20
管理監督者向けの心の健康についての教育・研修
Q21
−般従業員に対して、心の健康についての教育・研修
Q22
ストレス対処のための教育・研修
Q23
産業保健スタッフや人事・労務担当者のメンタルヘルスに関する教育・研修
Q24
心の健康に関する正しい知識の普及
Q25
家族に対する情報提供

【E:さまざまな機会を活用した心の健康づくり】
産業医や産業保健スタッフが、さまざまな機会に従業員のストレスを把握し、従業員のストレスへの気づきを促したり、従業員が抱えるストレスや心の健康問題の解決を支援する工夫がなされるとよいと言われます。ここではこうした活動の現状についてうかがいます。
Q26
心の健康やストレスに関する問診の実施
Q27
ストレスに対する保健指導の実施
Q28
インターネットやイントラネットの活用

【F:緊急時の心のケア】
大きな事故や災害等で死の脅威にさらされたり、悲惨な状況を見たりした後、従業員の心の健康に問題がおきることがあります。例えば、米国の同時多発テロの生存者、原発事故の経験者の心の傷(PTSD)等です。大きな事故や災害の後に、従業員の心のケアを行うためのシステムが事業場にあるかどうかについてうかがいます。
Q29
事故や災害発生後の従業員の心のケア
Q30
事業場での自殺が万−おきたならどう対応するかについてたずねています

【G:評価・改善】
事業場の心の健康づくりの実施状況を一定期間ごとに見直し、よりよいものにするための改善をおこなうことが大事です。ここでは、評価・改善の実施状況についてうかがいます。
Q31
心の健康づくりの実施状況の評価
Q32
心の健康づくりの効果の評価

あなたの職種と、所属する事業場について伺います。あてはまるものを選んでください。
職種
業種
事業場の規模
看護職の有無
上記の評価結果は、平成14年度厚生労働科学研究費労働安全衛生総合研究事業 「労働者の自殺リスク評価と対応に関する研究」 (主任研究者 岡山大学大学院 川上憲人教授)の研究成果をもとに作成しています (一部を改変しています)。 なお、このチェックサービスは今後修正される可能性があります。